薬剤師転職する時には志願動機は重要になってきます

【薬剤師転職では、志願動機も重要な要素になる】薬剤師転職に当たって、面接や履歴書には注意を払う人は多いのですが、案外軽視されがちなのが志願動機ではないでしょうか。
でも採用側にとってはこの志願動機というのは非常に大切な要素になリます。
志願動機で特に大切なのは「なぜこの職業を選んだのか」ということです。
要するに「なぜあなたは薬剤師なり、なぜこの職場を選んだのか」、ということです。
ここで不適当な返事をすると、薬剤しての人格を疑われたり、応募動機に不純さを感じられたりして、不採用になるかもしれないのです。
したがって志願動機を述べるときには、個人的な事情だけでなく、薬剤師としての社会的立場に立った上での動機を述べる必要があります。
採用側はあくまで薬剤師としての人間性を見ようとしているのですから。
薬剤師の給料・年収の相場はいくらくらい?