海外で使えるおすすめのクレジットカードとは?

日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますがそのほとんどに国際ブランドのロゴが印刷されています。
富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的で基本的には世界中で使うことができるアイテムです。
三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業でテレビCMのおかげで知名度は抜群だと思います。
MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。
JCBは国内在住の人なら持っていた方が便利なのですが海外で利用できる店舗が少ないのが現状です。
レストランや映画館などでクレジットカードを使うとレジで手間取ることもなく、簡単に精算することができます。
運営会社の収入源は、手数料によるところが大きいですがこの料金は利用者と加盟店の両方から集金するシステムになっています。
営業の種類によって店舗が支払う加盟料には差がありバーやクラブなどの飲食店は2番目に高い率の業種で4%から7%に設定されています。
客側にも支払が発生するのは3回以上の分割払いからで毎月の利用額に金利が加算されて口座から自動引き落としされます。
1回や2回の支払は販売側のメリットが大きいため加盟店だけが請求されますがレジで加盟料を請求してきても払うものではありません。
お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には様々な支払方法があります。
リボ払いは分割と支払い方法が違い支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社へ支払います。
毎月の支払い額が決まっているので支払い管理をしやすくなるのが利点です。
プラチナカードも気になりますね!ただ、この支払い方法には手数料がかかりますので毎回選択する事はオススメではありません。
返済は計画を立てて行いましょう。

モビットの特徴!クレジットカード審査に通らない理由は?【審査落ち?】