プロバイダはたくさんあるので選択肢もいろいろあります

プロバイダは多数あり、選択方法もいろいろです。
と言っても、キャッシュバックキャンペーンがあったり、2,3か月の無料期間がついたり、毎月のフレッツ光の費用が格安と謳うプロバイダにすぐ決定するのはやめた方が良いでしょう。
どんな目的でネットを利用するかにもよりますが、どれほどの通信速度か、トラブルはないか、などの点を重視して選んだ方が良いでしょう。
プロバイダの通信の速さに関してですが、多くの方はネット回線を利用しての閲覧、データのダウンロードというようなことでもっぱら使用していると思いますので、どちらかと言えば下り速度の方が重要ではないかと思います。
ホームページをインターネットで閲覧するくらいならば、そこまでスピードが速くなくても問題なく使用できます。
普段から光回線を活用しているのならIP電話を取り入れてみると便利でおすすめです。
ネットの回線を活用するので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も中継しなくても大丈夫です。
そういった理由から電話料金がかなり安価になり、選んだプロバイダにもよりますが、月額の基本料金が電話回線よりも安くすむ場合が大部分です。
現在いろいろな回線業者がありますが、シェアとしてはNTTフレッツ光が圧倒的ですからね。