自営業住宅ローン審査甘いって本当?諸費用を計算するとどれくらい?

住宅ローンを申し込む際にかかる諸費用ですが、印紙代、事務手数料、抵当権設定登記費用、抵当権設定登記手数料、保証料、団体信用生命保険料、火災保険料(地震保険料)などがあげられます。
保証料や団体信用生命保険料がかからない金融機関もあります。
『フラット35』の場合は、保証料はかからず、団体信用生命保険料への加入は任意ですが、建設する不動産が耐震性などが適合していることを証明する「物件検査手数料」がかかります。
諸費用の金額は、それぞれの金融機関によっても異なりますので、できるだけ少ないところを選べば、かなり節約することができるはずです。
なかには、事務手数料がものすごく高いところがあるので、そういう金融機関はやめておいた方がよさそうです。
自営業住宅ローン審査甘い銀行!おすすめは?【借り換え基準緩い?】