宮城県のアンテナショップの紹介!

東日本大震災による被災地では復興支援がおこなわれています。 「今、自分に何ができる?」と言うことを考えがあります。 そんなことで東京でも様々まな行動が広がっています。(笑顔) その1つが、被災地のアンテナショップです。そこでお買い物をすることが支援に繋がります。 それだけでも、被災地の復興支援に繋がると言うことですね。 それでは、宮城県のアンテナショップです。 今回は、この「宮城ふるさとプラザ」を紹介します。参考にしてください。

『宮城ふるさとプラザ』 ここは池袋駅から徒歩2分と言う好立地にあります。 2フロアに宮城の特産品などを販売しています。 食品、 お酒、 民工芸品などです。 なんと1300アイテムも販売しています。 また、仙台名物の「牛タン」を堪能できるレストランもあります。 昼時には、ビジネスマンのランチとして利用が多とと言います。 平日でも長い列が出来るほど賑わっています。

<売れ筋の商品について> 「笹かまぼこ」 「ずんだ大福」 「牛タン」などです。 震災後からしばらくの間は輸送における環境が整っていないことで、在庫も直ぐになくなってしまったようですね。 そんなことで棚に商品がない状態が続いていました。 現在では、被害の大きかった地域の商品を除き、徐々に商品が揃うようになっています。(笑顔)

<仙台銘菓「萩の月」の紹介> 東京ではなかなか手に入らない人気のある商品になります。 このアンテナショップでも、店頭には年に1度しか並ばない貴重な商品になります。 しかし、震災後は、宮城県にある店舗が被災して、販売が困難になっています。しばらくは常設で販売していたようですね。 「東京で商品を買う」と言う行動が、彼らの心の支えとなっています。 そして、復興支援にもなっているのです。